PHILOSOPHY - 
CONCEPT

未来に耳をすまして

私たちは、年月を追うごとに愛着がうまれ、そして美しさが増してきた建築を「愛される建築」と呼びます。
どの建築も使い手ともに成長し、味わいを深めながら長く愛情が注がれるべきです。

長い目でみた「環境共棲」を見据えて、建築に「基本性能」を持たせ、「光・色・音・風」の変化を大切に再生する。そうすることで場所に呼応し、土地の環境条件を最大限に生かすことが出来ます。
そこにがまんはなく、自然体でいられることが本当のサステナブルではないでしょうか。

過去を知り、いまを生き、未来に耳をすましていきます。

PHILOSOPHY - 
STORY

STORY

古民家は、基本的に木、土、わらで造られています。壁が薄く、高床作りで天井が高いのが特徴です。これらの特徴は、暑く湿度が高いという典型的な日本の夏の気候に合わせて作られています。古民家は、再利用やリサイクルが可能な天然素材で建てられています。その意味で、環境に優しく経済的であるだけでなく、非常に洗練されています。
しかし、冬はとても寒く、ほとんどの古い日本の家と同様に、”がまん”の象徴となっています。
私たちは、すべての古い家が、四季を通じて快適な空間を提供し、持続可能な素材を使用し、伝統的な手工芸にリスペクトをはらいながら改装できることを示したいと考えました。
ここ古民家コロクでは、ガスや石油などの輸入化石燃料は使用していません。木質ペレットで暖房し、水をあたためるエネルギーを削減するためにシャワーのみを設置。貴重な資源に対する意識を高めることを目指しています。一方で、入浴は日本文化の非常に重要な部分であり、リラックスでき、ゆっくりと健康に良いものでなければなりません。近隣にはとても素敵な温泉施設が点在しています。言わずもがな、温泉は地下で自然に温められた水であり、水温、ミネラル組成、治療効果はさまざまです。お湯に浸かりたいときは、是非そちらをご利用下さい。
古民家宿コロクは”完璧”なサービスのホテルではありません。ですが、そうあるべきだったわけではないと私たちは考えています。コンセプトを実現するため、多くの工夫や作業を行いましたが、それは終わりのない物語のようにこれからも続いていきます。そしてその物語の一員に皆様も参加していただけることを心から願っています。

STAY

古民家宿コロク -Kominka Yado Koroku-

八ヶ岳の麓、静かな農村に佇む築約100年の古民家が、建築家・彦根アンドレアのデザインによって丁寧に改装され、洗練された宿泊施設に生まれ変わりました。それが《古民家宿コロク》です。改修の痕跡を通して、日本の木造建築の歴史・工法・快適な暮らしの旅へお連れします。

畑と庭の背景に南アルプスの甲斐駒ヶ岳を望むことがき、マウンテンビューの滞在をお楽しみいただけます。

近隣に多くの、美味しいレストランや、温泉があります。
中には、富士山を眺めることが出来る贅沢な温泉もあり、旅のひとときをさらに特別な時間にしてくれます。

夕方、宿に併設されたサウナでリラックスした後は、壮大な星空のもとで自然の美しさを感じ、日頃の疲れをリフレッシュしてください。

PHOTO LIST

PHOTO LIST

美しい気色(イシキ)で生きる
BOOKING

SAUNA

古民家サウナコロク -Kominka Sauna Koroku-

1日1組限定の貸切サウナです。
古民家サウナコロクはヒノキの角材(90mm)で出来た箱型サウナ。
既存の蔵横にあった東屋の中にサウナ室を作ることで、”古材の記憶”を継承し、この建物の歴史に包まれながら佇むことができます。

PHOTO LIST

PHOTO LIST

利用可能人数 最大3名(2名推奨)
利用時間 2時間/回
ストーブ HUUM HIVE HEAT 12シリーズ
サウナ温度 約65℃〜75℃の低温サウナ
セルフロウリュで体感温度を上げる事ができます

ご利用の流れ

  • ご予約

    HPの”BOOKING”より事前予約
    (前日AM9時最終受付)

  • 着替え

    水着に着替えバスローブを羽織りサウナへ

  • サウナ入浴

    自信を持ってオススメする65度程度の低温サウナ
    汗をガンガンかくには、セルフロウリュウで湿度を上げて
    (6-12min)

  • 水風呂

    五右衛門風呂の水風呂できゅーっと体を冷やす
    (1-2min)

  • 外気浴

    山々を眺めながら、外気浴をお楽しむ
    (5-10min)

  • セットを繰り返す

    3セットほど「サウナ〜外気浴」
    を繰り返す

  • シャワー

    お好みでシャワーを浴び
    着替え終れば
    チェックアウト完了

BOOKING

ACTIVITY

ACTIVITY

開催時に随時お知らせいたします

AROUND

古民家コロクをとりまく
おおらかであいまいな境界

古民家コロクの位置する場所は御柱祭で有名な諏訪郡、富士見町という町に属しています。どこか昔懐かしい雰囲気を残しながら、人々が丁寧に暮らし、守り続けてきた町並みがそこにはあります。どこか「ただいま」と言いたくなるような空気感が漂う、そんな魅力に魅せられて、都内からの移住者も増加傾向にある町です。そんな富士見町の魅力を古民家コロクの視点でご紹介します。

RESTAURANT

  • 茶虎飯店

    本格的な中華料理が味わえる料理店。東京でやられていましたが、富士見町に移住されそのままお店も引っ越されたそうです。麻婆豆腐が大人気。
    《古民家コロクからの移動時間》車:10分

    https://www.instagram.com/chatorahanten/
  • オステアアジアート

    古民家イタリアンレストラン。ジャズが流れる落ち着いた空間です。ランチでもコース料理を楽しめます。事前にご予約なしではなかなか入ることが出来ないお店です。

    https://www7b.biglobe.ne.jp/~osteria_agiato/
  • やまゆり

    「やまゆり」 出汁にこだわりを感じるうどんと、パン、甘味が食べられるお店です。
    古民家を再生したお店で、店内はとても落ち着いた雰囲気。
    古民家宿コロクで提供している朝食用パンは、やまゆりさんのパンです。

    https://www.instagram.com/yamayuri_fujimi/

SHOP

  • ストーブ生活

    薪ストーブと雑貨のお店。オーナー自ら手掛けた雑貨やよりすぐりのセレクトグッズが並びます。スタイリッシュなコンクリートの建物は、なんとオーナーが20年かけてセルフビルドされたそう…すごいです。運が良ければ、建物の上に悠々としたヤギさんたちを見られるかもしれません。

    https://www.lcv.ne.jp/~okadakei/index.html

TEAM

  • 彦根藍矢

    atelier nennenの代表取締役。古民家コロクの企画、運営を担当している。
    がまんしないサステナビリティを実現するために、”仕掛け”をつくっている。
    写真家としても活動しており、古民家コロクの写真もすべて撮影。

    https://aoya-h-photos.webnode.page/
  • 彦根アンドレア

    「大都市からでて、太陽のかおり、森の音、空が広がる場所は心が安らぎます。自然の中に佇む歴史ある建物に新たな命を吹き込み、大勢の人と話して、良質な時間を過ごし、クリエイティブになる。気持ちと体がリラックス出来るサウナにはいって、古民家の再生を始めます。まだ慣れていない畑仕事ですが、ここで体に優しい野菜をつくり、サステナブルなライフスタイルをシェアできること、それはこのプロジェクトでの私の夢です。」
    古民家コロクの設計を担当、環境建築家としても著名

    http://www.a-h-architects.com/andrea
  • 株式会社atelier nennen

    ウェルネスを体験するライフスタイルデザインの会社、株式会社atelier nennen(アトリエネネン)。コロクの管理運営を行なっています。

    https://at-nennen.com/

ACCESS

古民家コロク

住所 〒399-0101
長野県諏訪郡富士見町境11184
電話 050-1809-4114
(10:00〜18:00)
メール info@nennen-koroku.com
運営 株式会社atelier nennen
  • 【公共交通機関をご利用の場合】

    JR中央線特急で新宿駅から小淵沢駅まで約120分
    小淵沢駅からタクシーで約15分

  • 【お車をご利用の場合】

    中央自動車道で八王子ICから小淵沢ICまで約90分
    小淵沢ICから約15分

BOOKING